高齢化に伴うアルツハイマーの症状とは|サプリで栄養補給

すっぽんとお酢のサプリ

栄養補助食品

肥後すっぽんもろみ酢はダイエットやアンチエイジングや健康維持に効果があるサプリメントです。琉球もろみ酢の働きで痩せやすい体質になり、ダイエットに効果的です。また、すっぽんのコラーゲンには肌にハリを出す働きがあるので年齢肌対策にもなります。

もっと見る

健康になるため

女の人

日本人の死因で多い心筋梗塞や脳梗塞の予防としてEPAの摂取がおすすめです。血液循環の改善と血小板の活性化を通してそれを可能にしてくれます。また、EPAはオメガ3脂肪酸に分類されますが、日本人は不足気味です。サプリメントの摂取を通して身体に補給しましょう。

もっと見る

必要不可欠な成分

錠剤

DHAやEPAは人間の体を健康に維持するために必要な成分の一つです。最近では簡単にサプリメントを利用して摂取することが可能になっています。しかし商品毎に配合される成分の量は異なります。そのためしっかり比較してから購入することをおすすめします。

もっと見る

健康に年を重ねたい

婦人

ゆっくり進行する認知症

世界の中でも長寿国として有名な日本。健康に充実した毎日を送る為には健康寿命が重要です。「まだ元気だから」と思わず、元気なうちに健康的な生活を心掛けるようにしましょう。高齢化社会が進んだ今、最も注目されているのが認知症です。認知症にはレビー小体型・脳血管性・前頭側頭型などの種類がありますが、日本人に一番多いのがアルツハイマー型認知症です。脳の中に特殊なタンパク質が徐々に蓄積して起こるといわれるアルツハイマー病、脳が委縮する事により、知能や身体の機能がゆっくりと衰えていく病気です。進行は比較的穏やかですが、発症すると完治は期待出来ません。投薬により進行を遅らせるのが現在の主な治療方法となっています。

認知症に移行させない

物忘れなどの記憶障害から始まるアルツハイマーですが、いきなり重度の症状に陥る事はありません。まず軽度認知障害から始まり、この段階で適切な治療を始めれば、アルツハイマー型認知症に移行するのを防ぐ事も出来るのです。軽度認知障害と診断されたら、まずは日々の生活を見直しましょう。ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を一日30分を目安に続けるのがおすすめです。誰かと一緒に運動が出来るなら、ウォーキングをしながらしりとりをするなど、体と脳を一緒に使うと更に有効です。また日々の食生活の中でも、青魚に多く含まれるEPAやDHAを摂取するよう心掛けたり、ココナッツオイルなどのオメガ3系の油を料理に使用してみましょう。なかなか食事で栄養成分を補えない場合は、市販のサプリメントや健康食品を上手に活用しましょう。

Copyright © 2016 高齢化に伴うアルツハイマーの症状とは|サプリで栄養補給 All Rights Reserved.